小学校受験を目指した幼稚園選び

いわゆるお受験幼稚園という存在が東京にはあります。高級住宅街にある幼稚園などで、多くの子供が小学校受験をするため、何となく受験対策をしたカリキュラムが用意されている園もあります。女子校を目指す場合は、身だしなみや言葉遣いなども問われる事が多く、日頃から意識して生活する必要があります。また子供同士の関わり方なども考査では重要ポイントになる事が多いです。目指す小学校によっては非常に難関で、筆記試験など一通りの準備が必要が場合もあります。幼児教室に通いながら受験をする子供がほとんどで、幼稚園生活は忙しいものになってしまう場合もあります。エスカレーター校に合格する事が出来れば、その後は受験がないので、補習的な勉強で他の部分の経験を増やす事も出来ます。例えば、スポーツや音楽など様々な分野を専門的に頑張る事が出来ます。

幼稚園受験をするための準備の流れとは

幼稚園の受験するためにはどのような流れで準備を進めていけばいいのでしょうか。受験することを決めて最初に行うことは志望したい園について様々な情報を収集し、詳しく理解することです。具体的には教育方針や沿革や歴史、園児指導の特長などをチェックしておきましょう。過去に出題された受験問題等についての情報を集めておくことも大切です。そして、一通りの情報を集めたら、園の行事や入園ガイダンスに参加してみましょう。多くの幼稚園では、6~9月にかけて実施するケースが多いので、積極的に参加して、園長先生や各職員の人柄や園児たちの様子を直接見てみましょう。そうやって集めた情報をもとに志望する園を決定し、入園試験を受けるために願書を提出しましょう。願書の受け付けは1週間から10日間というのが基本的ですが、中には2日間という短い期間しか受け付けないところもあるため、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

幼稚園も受験入園の時代に

幼稚園受験が大変だと聞かれる昨今。なぜ、そこまで波及していったのでしょうか。だんだん受験年齢が低年齢化してきました。幼稚園まで併設している大学はどのくらいあるのでしょう。受験で入園後は、大学まで保障されているから受験するのでしょうか。第一目的なのでしょうか。当のお子様は、どれほどよく理解して楽しく受験されているのでしょうか。まず、お子様に受験をさせるには、金銭面が充実していないといけません。幼稚園選びも大変です。かけるお金に見合ったいるか。安全で安心しておまかせできるか。一番大事なのは、子どもが楽しく過ごせて通園嫌がらないか。いろいろありますね。幼児期から受験勉強大変ですね。嫌がらずに率先して勉強できるかな。金銭面が裕福な限られたご家庭のお子様しか、できない経験です。楽しく受験してくださいね。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*